クワイエメンバーに聞きました!【こどもにスマホ持たせる?持たせない?】

クワイエメンバーに聞きました!【こどもにスマホ持たせる?持たせない?】

2022年10月13日

「誕生日プレゼントはスマホがいいな」子どもに言われたら

みなさんの家庭では、子どもにスマートフォンを持たせていますか?
我が家はまだまだ先と思っていましたが、5年生になると持っている友達が増えたようです。
LINEで遊ぶ約束した、LINEしてオンラインゲームをした
昭和の母は「○○ちゃん あーそーぼー」「ちょっとまっててー」のやり取りはもうないのかと驚き(笑)

携帯電話ショップへ来店した際「お子様にそろそろスマホはいかがですか?お得なプランがあります」とおすすめがありました。
「初めてもたせるのはキッズ携帯じゃないんですか?」今はスマホが多いと聞き、再度驚きました。

来年は5年生だし、従弟も5年生から持っていたし。真剣に考えないと…と思っていた矢先。近しい子ども同士のトラブルがありました。
子ども同士のトラブルで、親がグループラインへ攻撃的な投稿、退会。
そのやりとりを見聞きすると、実際に現場にいた立場としては、事実とやや異なっていることもありました。
また、毎日会うようなメンバーなので、直接顔を見て、子ども同士で解決させても良かったのではないかなという気持ちもありました。


持たせるべきか、まだ早いか…こんなときは先輩に聞いてみようということで、子育ての先輩であるクワイエメンバーにアンケートを取りました。

 

【アンケート】
(1)スマホを持たせている?or持たせたい?何年生から?
(2)持たせる際、子どもと約束ごとをした?
(3)アプリ、LINEの内容は把握している?
(4)今後持たせようと思っている保護者へアドバイスなどあれば

 

・fika(小5・男子)
(1)現在はまだ持たせていません。
  当面は持たせるつもりはありませんが、持たせるとしたら早くても中学校3年生以上かな。

・fika(高2・女子)
(1)我が家はかなり遅く、高校入学の時に買いました。
(2)日ごろの生活を見ていて、おそらくネットの使い方でお友達とトラブルになる可能性は低いだろうと思っていたので、
   特に多くの約束ごとなどは設けませんでした。
   唯一、データ利用量を超えないように(データ利用量に応じて定額料が変動するプランなので)ということは
   かなり口うるさく言いました(^_^;)
(3)どんなアプリを入れているかはほとんど見ていません。
   ただ最初に私と同じ防災関係のアプリを入れて、いざというときにもお互いの状況が分かる工夫をしました。
   また月額料金を超えたときは、データ利用量を消費しそうなアプリを一緒にチェックしました。
   LINEの内容も、長女が自分から見せてくれるもの以外は見ていません。
   わりとあっさりした交友関係のようで、夜中までメッセージをやり取りしていることはないようです。
(4)我が家の長女はスマホデビューが遅かったので(高校入学時)、親としての心配事はあまりありませんでした。
   中学生の時に持たせなかった理由は、本人がインドア派で出かけることが少なく習い事などもしていなかったため、
   「特に必要なし」と親が判断してのものでした。
   ただ、親としてはトラブルの種がなかったことは安心でしたが、子どもたちのスマホが当たり前になっているこの時代に、
   「もしかして子どもの交友関係を狭くしてしまったのかな」と思ったこともあります。
   このアンケートを機に、長女に「中学生の時に、スマホを持っていたかった?」と聞いたところ、
   「持っていないことでノリの違う友達と関わらなくて良かったのは助かったけど、
   連絡手段がないことで、部活の友達に手間をかけさせてしまったのが申し訳なかった」と言われました。
   そして「今振り返って、中学生がスマホを持つことをどう思う?」という質問には、
   「トラブルに巻き込まれるかどうかは、周りの友達や環境によりけりだと思う。
   どのタイミングで持っても友達関係と周りの状況で、どうしても巻き込まれてしまうときもあるのでは」とのことでした。

 

・マユ(大学1年・男子)
(1) 息子は、キッズケータイを小学校3年生秋から。
その当時、学童保育室は3年生まで利用可能で、4年生になると留守番へ移行でした。
留守番に備えてキッズケータイを購入し、小学校6年生秋に、キッズケータイからスマートフォンへ。
スマートフォンを持たせる前に、私のお古スマホをWi-Fi環境下のみ利用できる形で使って、それで単独スマートフォン利用としました。
中学校に入るタイミングで、スマートフォンや家族と共有のタブレット端末で、LINEを使うお友達が増えました。

(2)スマートフォンの前に、小学校3年生で携帯ゲーム機を購入する際、ルールを決めて遊ばせていました。
そのイメージが親も子もあるので、携帯ゲーム機と同じようにスマートフォンの時は約束・ルールは作りました。
・宿題が終わってから使う
・夜遅くまで触っていない
・何か問題が発生したら、必ず親に知らせる
・ゲームでの課金は禁止(どうしても料金が発生する事態になった時は、必ず親に知らせる)

(3)LINEでのやり取りは、メールと同じで私信のため、利用開始の時から確認まではしていません。
男子あるあるなのか? LINEグループにあちこち加わっていますが、クラス単位など大人数でのグループでは、ほとんど発信せず、閲覧のみ。
大人数グループでの発信が息子の性格上「面倒くさい」に該当し、閲覧専門でした。
そういう意味では、トラブルに巻き込まれることがなく、今まで過ごしています。
中学生でスマートフォンを持たせたタイミングで、SNSアカウント(Twitter、Instagramなど)を息子は作っていました。
それらは息子自身が発信する話だったので、親の私をフォローすること条件にアカウント登録を許可しました。
親だけでなく、叔父叔母、姪、祖母などもフォローしているため、あちこちに見られていることで、発信内容にも気を付けているのかなぁって思うこともあります。
また、最近、新しくいくつか鍵アカウントで別名登録があり、そこについては、親のフォローを拒否されています。
高校生・大学生になったタイミングだったので、そこは息子を信用して、特に干渉していません。
鍵アカウントで別名登録があることは、親が把握している!ということはアピールしたので、抑止力になっているかもしれません。(笑)

(4) スマートフォンや携帯電話を持たせる年齢が、低年齢化しています。
ご家庭の事情で、必要に迫られて、小学生で持たせることはあると思います。
今の時代、スマートフォンや携帯電話を持たせることはある!と考え、親(大人)は、自分自身の使い方が正しいのか?と意識して、そして、進歩していけると良いですね。
また、子どもが何かトラブルが遭った時に、親(大人)に相談できるよう声掛けや雰囲気作りも大事です。
大人側が「私はスマートフォンやアプリは、よく分からないから」と言ってしまうと、その時点で、子どもは親は頼りにならないと思ってしまうようです。
スマホやアプリに詳しくないけれど、一緒にやってみよう! 教えて!という形で、親子一緒の姿勢を大切にして欲しいですね。


・ゆきだるま(中学1年生・男子)
(1)小学6年生の2月から持たせました。
コロナ禍でお友達との関わりが減りお出かけや運動がゼロになってしまったのでポケモンGOで外に出かけようと持たせました。
そのおかげでよく歩き行動範囲が広がりました。

(2)使用する前にスマホの使い方サイトを一緒に見た。
家ではスイッチでゲームをするので家の中ではスマホのゲームをしない。
勉強する時、寝る時はリビングに置く。
スマホの使用時間は朝5:30から夜8:30まで

と約束はしたが中学生になりお友達の遊んでいるゲームアプリを頻繁に使用している。

(3)グーグルのファミリーリンクで見守りをしているので追加したいアプリがあればリクエストが来るようになっている。
ラインは知らないうちにラインのロックを使っていた。今のところラインによるトラブルは無いと思っている、、、。

(4)お友達にラインを送信しても既読にならなかったり返信が来なかったりの時は、
なんで来ないんだーと少しイライラする時がありましたが、親御さんにスマホを没収されている時があるようです。
一度スマホを使い始めるとその気軽さや便利さで、いつでもスマホを手にしてしまいます。
一日のスマホ使用時間は長く悩ましいですが常に見守り軌道修正する日々です。

・はるかず(小学5年生・男女)
(1)10歳の誕生日に購入しました。
  特に欲しいものが無かった為、こちらから提案しました。高学年になって友達と外出する範囲が広がり
  自転車で出かけた際に迷子になりかけたのもきっかけでした。
(2)時間帯の設定(夜は9時まで)。アプリのダウンロードは了承を得てから。課金はNG。
(3)どんなアプリを入れているかはほとんどチェックしてません(見るたびに増えてる気が・・・)。
 学校の友だちとのLINEは、人数が多くなると友達同士で言い合いみたいなっていることもあります。
 性格上そこに入っていくタイプではない為、ほぼ閲覧メインになっています。
 仲が良い友だちとは別で少人数のLINEでやり取りをしているようです。
(4)子どもの性格と年齢により、使い方や注意点も変わってくるかなと思ってます。
共働き家庭の為、今どこにいるかが分かるのはとても助かります!そして業務連絡(●●やっておいて)が取れるのも便利。
子どもたちは、Youtubeをみたり、ゲームをやったり、友達とLINEを音声だけつないでゲームや勉強をしたり、
教えてもいないのに親より使いこなしてます。
学校の自主学習もスマホで調べて書いているので、これでよいのかな??と疑問に思うことはあります。
これから親の目の届かないところでのやりとりも増えていくことが想定されるため、
メディアリテラシーに関してはしっかりと話していく必要はあると感じてます。

・ミサペイ(小6男子・小3女子)
(1)上の子が小学校中学年頃からスマホを持たせています。
留守番してる時や外出時の別行動(迷子防止)など、あったら便利なので「子ども用」として購入。

(2)親の管理のもと利用すること。
例えばダウンロードするアプリはどんなものなのか、親も調査している。
有料アプリをダウンロードする場合はお互いに話し合う。お互いに真剣(笑)
遊びで使う場合は時間制限がある。

(3)アプリは動画やゲームをダウンロードしています。
動画も親のアカウントで利用しています。
ゲームは対象年齢を守ったり、内容を確認しています。
子どものスマホにLINEはダウンロードしていません。
必要な場合は親のLINEにメッセージがきます。

(4)小さい頃からタブレットで知育ゲームなどをしていたので抵抗はありませんでした。
私自身がスマホで仕事、連絡、記録、遊び等々出来る事が多く、とても便利に使っています。
子どもも便利な物は便利に使えばいいと思っています。
ただ、人と会ってお話しすること、リアルで目に見て匂って感じること、感触や風合い等々、
スマホやネットでは伝わらない事が沢山あります。
渡しっ放しではなく、外に出て感じる機会も大事にしています。
ネットは文字のやり取りが多くて表現が未熟だと誤解を招いたり人を傷付けてしまう危険性も。
親子でネットリテラシーについて理解を深め、話し合うことが大事だと思います。
Wi-Fiが切れても動じないくらいの距離感が良いのかしら(^▽^)

持たせる安心、持たせた不安…

SNSが普及し、大人同士でもちょっとしたやりとりからトラブルに発展することもあります。
手軽だからこそ、使い方をしっかり教えて、上手く使っていってほしいなと思います。


クワイエメンバーのアンケートは参考になりましたか?
我が家では、我が子を信頼し…社会勉強として
持たせる下準備をすすめたいと思います。

 

(2022.9月 クワイエメンバー By.were)