18歳で成人です!~2022年4月から成年年齢引き下げ~

18歳で成人です!~2022年4月から成年年齢引き下げ~

2021年11月10日

民法が一部改正となり、2022年4月1日から18歳成人が施行されますが、ご存知でしたか?
来年4月は、20歳だけでなく、19歳も18歳も成人ってこと??
20歳成人と18歳成人では、成人でできることは違うの??
成人式はいつやるの??
我が家は、まさにこの18歳成人の影響を受け、疑問が多いため、調べてみました。

2022年4月1日に成人になるのは誰??

明治時代から約140年間、日本での成年年齢は「20歳」と民法で定められていました。
この民法が改正され、2022年4月1日から、成年年齢が20歳から「18歳」に変わります。

下記をご覧ください。
2022年4月1日に18歳、19歳に達している人は、新成人となります。

生年月日 新成人となる日 成人年齢
2002年4月1日以前生まれ 20歳の誕生日 20歳
2002年4月1日から2003年4月1日生まれ 2022年4月1日 19歳
2003年4月1日から2004年4月1日生まれ 2022年4月1日 18歳
2004年4月2日以降生まれ 18歳の誕生日 18歳

そもそも成人とは?

民法が定めている成年年齢とは、

自分1人で有効な契約をすることができる年齢
父母の親権に服さなくなる年齢

18歳成人でできることは何?

  • 親の同意がなくても契約できる
  • 10年有効のパスポートを取得できる
  • 公認会計士、司法書士、医師免許、薬剤師免許など国家資格を取得できる
  • 男女共に18歳で結婚ができる
  • 性同一障がいの人が性別の取り扱い変更審判を受けられる
  • 普通自動車運転免許が取得できる(従来通り)
  • 公職選挙法や憲法改正国⺠投票の投票ができる(従来通り)

但し、20歳成人にならないとできないこともあります!
 ●飲酒をする
 ●喫煙をする
 ●競馬・競輪・オートレース・競艇の投票券の購入をする
 ●養子を迎える
 ●大型・中型自動車運転免許を取得する

18歳成人で気を付けたいところは?

一番ココが心配!というのは、「契約ができる」ことではないでしょうか?
携帯電話の契約、クレジットカードを作る、ローンを組む、仕事を決めて雇用される、一人暮らしの部屋を借りる・・・
様々な契約が、18歳成人を迎えるとできるのです!!

未成年者が契約をする際には、親などの法定代理人の同意が必要とされており、
その同意がない契約は原則として取り消すことができます(未成年者取消し)。
しかし、成年に達すると、親の同意を得なくても、自分の意思で様々な契約ができ、
未成年者取消しは適用されず、契約から生じる責任を果たさなくてはなりません。


大人である親でもスマートに対応できないことがありますから、
お子さんであればなおさらです。親子で確認し合うことが大事ですね!

成年年齢引下げに向けた高校生向けリーフレット(法教育リーフレット)にて、
契約について分かりやすくまとめられています。

消費者庁では、Twitter アカウント 消費者庁「18歳から大人」が開設されて、
18歳から契約できることに向けての情報提供を行っております。
また、消費者トラブルに巻き込まれた場合や困ったことが起きた場合、
相談窓口として、消費者ホットライン「188(いやや!)」があります。
消費者ホットラインの詳細は、こちら をご覧ください。

成人式はいつ行うの??

2022年度は、20歳だけでなく、19歳も18歳も成人になります。
そうなると、成人式って一度に3学年で開催するの??と思われるかと・・・
越谷市については、以下のような発表がありました。


民法の一部を改正する法律の施行により、
令和4年(2022年)4月1日から成年年齢が従来の20歳から18歳へ引き下げられます。
越谷市ではこれに伴う成人式の対象年齢について検討した結果、
令和5年(2023年)1月以降も引き続き、20歳を迎える方を対象として成人式を開催します。

 

20歳を迎えるタイミングでの成人式開催となりますので、慌てて準備を・・・とならず、ホッとしました。

(2021年11月 by クワイエメンバー・マユ)