フリースクール「松実学園」に行ってきました!

フリースクール「松実学園」に行ってきました!

2018年7月17日

松実学園は、15年ほど前に春日部市のマンションの一室から始まったフリースクールです。
今は校舎も新しくなり、1,000人以上の卒業生を送り出しています。
トランジションタウン越谷の有志によるレポートと見学報告会のお知らせです!

 

春日部市のフリースクール「松実学園」見学レポート

松実高等学園は、平成15年に開校した新しい形の学校です。
現在、小中高それぞれの教室で個人のペースに合わせた教育をしています。
授業中も生徒がにこにこして、生徒が気楽に質問できる雰囲気。

先生を呼ぶのもあだ名でOK。校長先生のお話で、
「勉強したいなら塾で目的は果たせる。学校では勉強は一部であり、
学ぶ意欲がでてくるような環境を作ることが、一番大事な学校の役割
という言葉が印象に残りました。

学校のテストは、生徒各自の学びの段階に合わせてテスト内容が用意されて、
通信簿も周りと比べる相対評価ではなく、その子の努力を見て絶対評価でつけられています。

松実学園のユニークな取り組み

松実学園では週に3時間「夢を想像する時間」があり、グループで対話しているそうです。
毎月いろんな行事もあり、生徒が主体的に関わっています。
そこで自立と共生を自然と学んでいて「自分がどうしたい」ということが
大切にされている環境が創られていました。

「松実かふぇ」というユニークな試みもあります。
近所のスーパーで生徒がパンを100円で買ってきて、
それを120円で学内のカフェで販売する。売り上げは学校の文房具に。

そして先生たちも、笑顔が素敵でいきいきしていました。
今は「学校がブラック企業」という情報も流れてきていますが、松実学園の校長先生は、
「先生も全部教えることはしなくていい。先生の得意なところを教えていれば、
その姿を見て、生徒の「学ぶ意欲」が出てくるから」と先生に伝えています。

学校の先生も週4日を仕事、1日は自分のための学びに使えるようにしたい、
という理想をもって、先生の心の健康も考えているとのことです。

ひとりひとりに寄り添える環境を

松実学園には「遅刻」という概念がありません。
フレックスタイムのように、その子が来たい時間にきていい。
宿題も出してほしい子には出すけれど、基本は家庭では好きなことをしてOK。
ひとりで勉強したい時のために個別の教室もあります。
授業も午前は5教科を毎日3時間ずつ学び、
午後は選択で自分の好きな分野を学べるようになっています。

見ていて、子ども達が夢を見つけやすい環境だと感じました。
実際に、松実学園で学ぶ意欲が出て大学に合格したり、希望の就職を叶える生徒もいます。

知識と情報と意欲のバランスが大切で、まずは意欲が湧いてくる環境づくりを
根本にされているこの学校の在り方に共感しました。

他者と比較することよりもその子がそのままでいい。
そこを認め合える価値観を広げてゆけたらいいと思います。
学校の先生が「正しい」とか、みんなと一緒に同じようにしないといけない
という考えは、とても危険なのかもしれないですね。

昔の寺子屋は評価というより「読み書きそろばん」を、
やりたいことを実現するために学んでいたといいます。

子どもに「どうしたい?」と問いかけて寄り添える環境を、地域と家庭と学校でつくりたいですね。
以上、松実学園を訪問した、武井ゆきさんのレポートです。

 

「松実学園」見学報告と対話会を開催します。

トランジションタウン越谷はこれまで、ドキュメンタリー映画上映と対話会を開いてきました。
教育や平和、人権、格差などそれぞれのテーマでお互いに感想や意見を出し合って希望のビジョンを共有してきました。

その対話会の中で教育の話になり、春日部のフリースクールに見学に行きたい!と盛り上がりました。
実際に見学してみて、子どもたちが自然体で元気!先生も楽しそうに授業をしていました。
子どもが「どうしたいのか?」を大切にしている教育環境がそこにはありました。

今回はそのフリースクールの見学報告会で、みなさんと日本の学校について考え、
学校での思い出や、自分たちは地元の学校にどう関われるか?
争わずに対話するヒントについても、考えたいです。

自分たちが感じたことを表現したり、学びあう中で新しいアイデアが生まれる。
ぜひあなたの普段感じていることも聞かせてください。
ご参加お待ちしています♪

イベント概要

フリースクール「松実学園」見学報告&対話会

●日時:2018年7月22日(日)13:30~16:00(15分前開場)
●会場:越谷市中央市民会館5階 第6会議室
(東武スカイツリーライン「越谷駅」東口下車徒歩5分 市役所向かい側)

●参加費:500円
●申込み:transition.koshigaya@gmail.com
●主催:トランジションタウン越谷

(2018年7月 クワイエメンバー Sakiko)

地図

越谷市中央市民会館