子連れで市民活動やってみたら?【その2】

子連れで市民活動やってみたら?【その2】

2018年5月8日

最初の一歩は?

育児休業から仕事復帰し退職するまでの間に、一年間ボランティアをしました。
都内の児童養護施設出身者の自立支援をするNPOでの活動です。
その活動からは、様々なことを学び、とても大きな影響を受けました。

児童養護施設の子どもたちの多くは親に頼ることができません。
そのため、大学進学には学費が大きな負担となり、大学進学率が低い。
その彼らの進学を応援する奨学金プログラムでした。
しかし、そもそも日本の学費が高いのが問題ではないか?
という疑問を抱き、政治に興味をもつようになりました。

また、育休からの復帰後、生き方に迷いがあった私は、
ボランティアプログラムで出会った、アドラー心理学のコーチングを学びました。
そして、どう生きるのか考えつづけ、退職に至る。のですが……

この原稿を書くために手帳を見返してみると、退職後はとにかく
いろんなところに足を運んでいました。

最初は、
水野スウさんの「けんぽうカフェ」
『不思議なクニの憲法』『日本と原発』上映会

といったイベントに参加するため、浦和、与野、川口まで、
どこでも、保育園を退園した4歳の息子を連れて、出かけていきました。
インターネットで検索しても、越谷の情報が全然出てこなくて。
越谷はアナログなのかしら?(笑)
と感じたのも、今こうして情報発信に取り組みたいと思ったきっかけです。

それでも越谷でも少しずつ、興味ある講座を見つけたり、関心の近い人と出会うことができました。

そのなかで、越谷市男女共同参画センター「ほっと越谷」で受けた講座
「女性の政治参画について」は衝撃でした。
政治学者として活躍する、三浦まり先生が講師でした。
日本のジェンダーギャップ指数が、世界的に非常に低いことをはじめて知り、
女性が政治に参画することの必要性を強く感じました。
 ※ジェンダーギャップ指数:各国の社会進出における男女格差を示す指標。

 

ほっと越谷の講座

越谷市男女共同参画センターほっと越谷では毎年、
「審議会等における女性の登用推進のための講座」が開催されています。
今年も現在、申込み受付中です。
ほっと越谷の講座は託児つきで、小さなお子様がいても参加しやすいです。
ぜひ参加してみてくださいね。

詳しくは、ほっと越谷イベントページ
審議会等における女性の登用推進のための講座「あなたの声が暮らしを変える」(連続講座)
http://hot-koshigaya.jp/%E8%AC%9B%E5%BA%A7/5613/​

越谷市男女共同参画センター「ほっと越谷」

ほっと越谷は、北越谷駅東口「パルテきたこし」3階にあります。
様々な講座はもちろん、蔵書も充実しています。
飲食やおしゃべりできるスペースもありますよ。

ほっと越谷紹介記事(2014年)
http://q-waie.koshigaya-kosodate.net/docs/2014112000016/

 

ご意見・ご感想をお待ちしています

あなたはどんなことに関心がありますか?
ご意見・ご感想をお待ちしています。

また、クワイエでは、メンバー・サポーターも募集しています。
越谷市にある子育て施設やお出かけスポットの情報をお寄せ下さい。
子連れで行ける施設、レストラン、公園、イベント等の告知や取材依頼なども大歓迎です。

下記のフォームから、お気軽にどうぞ!
http://q-waie.koshigaya-kosodate.net/inquiry/6/

(2018年5月 クワイエメンバー Sakiko)