黒い食材で元気回復 ゆるゆる薬膳茶♪

黒い食材で元気回復 ゆるゆる薬膳茶♪

2017年10月17日

日中と朝晩の寒暖の差がめきめきでてきて
暦は寒露、紅葉もそろそろかなという季節になりました。
夏の養生を忘れてしまった方は今頃になって
疲れがでてきているかもしれませんね。

ですが運動会や遠足、ハロウィンなどイベントが多い秋、
元気をなんとか回復したいものです。
東洋医学の五行という自然哲学において
五色(青・赤・黄・白・黒)の黒と五臓(肝・心・脾・肺・腎)の腎は同じ
カテゴリにあるのですが
腎はまさに「元気の源」に通じる臓腑なのです。
なので黒い食べ物で元気回復、と今回紹介するのは
kuromametea
黒豆茶です。黒豆には浮腫みをとる、眼精疲労などに、
黒砂糖には疲労回復のほか、冷えとり、ひきはじめの寒気などにも良いとされています。
いずれも血虚(けっきょ:血が不足)、瘀血(おけつ:血が汚れている)の改善に良い食材です。
さらに生姜でぽかぽか温まるので秋の夜長の
一服にも。。。
黒豆はそのまま食べられます。
是非スプーンも添えてお召し上がりください。

kuromametearecipe

【参考文献】
早乙女孝子『いつもの食材効能&レシピ帖:漢方の知恵を毎日の食卓に』土屋書店, 2011
喩静ほか『薬膳・漢方食材&食べ合わせ手帖』西東社, 2012

村上百代『二十四節気に合わせ心と体を美しく整える:医者にも薬にも頼らない和の暮らし』楓書店,2015

2017年10月 クワイエメンバー by あい

関連ワード