在宅ワーカー育成セミナー「スタートアップコース」に行ってきました

在宅ワーカー育成セミナー「スタートアップコース」に行ってきました

2017年3月3日

 

在宅ワーカー育成セミナースタートアップコースにいってきました!

昨年11月8日に「ほっと越谷」で行われた在宅ワーカー育成セミナー・スタートアップコース(埼玉県主催)の1日目に行ってきました。

このセミナーは3日間の集合研修と2ヶ月間のOJT(On the Job Training)で、
在宅ワークをするための準備と実際に仕事を受注して実施するまでの研修プログラムです。

なんと越谷は定員の倍以上の応募があり、追加講座(2日間)をもうけるほどでした!

会場はどんなところ?

会場となったほっと越谷は北越谷駅から徒歩1分にあるパルテきたこし3階にあります。
クワイエで以前取材させてもらいました。
参考:「ほっと越谷」#2・・・人や情報とつながれる場所
 

セミナーはなんと無料の託児付き!2時間のセミナーの間、託児スタッフが見てくれるので
ゆっくりセミナーが受けられます。

託児ルーム2
託児室にはいると・・・
託児ルーム1
おもちゃがたくさん!窓からは電車が見えます。

 

気になるセミナーの内容は?

セミナー中
わきあいあいと話し合ってます。
セミナー中風景
みなさん真剣です。

参加者の自己紹介のあとは、「在宅ワークと内職のちがい」や「はじめるときに必要なもの」、「仕事の探し方」など
初心者にとって必要な情報を知ることができました。


そのあとは、時間管理のワークショップ。1週間を振り返り、仕事ができそうな時間を考えていました。
子どものお迎えや、家事などの忙しい日々の中で、どの時間を使って仕事をするか考えるのは大事ですね。
 

講師・スタッフ1

セミナースタッフのみなさん

講師に質問!

講師
講師の宮川さんに質問しました!

●在宅ワークをしたい!と思ったら、どういう環境を整えれば良いですか?

→「パソコン」と「インターネット環境」は必須となります。仕事の連絡に使うメールアドレスも必要ですね。また、お客さまの情報を紙媒体でお預かりする場合は、セキュリティの観点から、鍵付きのキャビネット等に保管します。

●スタートアップ講座を受講後は、どのようなスキルアップを図れば良いですか?

→受講後に仕事が待っているわけではありません。まずはできることからコツコツと実績を作りましょう。そして自分から新しい人間関係を築いていけるように「営業」部分を意識して動いていきましょう。

●子どもが小さくても在宅ワークをすることは可能ですか?

→はい。可能です。ただ、家で仕事をするということは、仕事時間を自分で作らなければなりませんので、そのための工夫は必要になります。

●どんな人が在宅ワークに向いていますか?

→仕事時間の確保や、納期までのスケジューリング、家事育児と仕事のバランスを自分で管理できる人ですね。

 

受講生の声

Aさん(20代)

市役所でみたポスターがきっかけ。
高校時代にパソコンを利用していたこともあり、イメージはつきやすかった。
ただ、時給1000円を稼ぐのは大変ときいて、働くのは大変かなと思った。

Bさん(30代)

自宅に届く、地域の情報チラシをみて気になった。
最初はまったくイメージがわかなかったが、経験者の話を聞いて、どのようなことをしたらいいか具体的にイメージできるようになった。
ちょっと不安でドキドキしていたが、それもなくなった。

Cさん(20代) 

地域新聞の告知をみて。最初は枠がいっぱいで参加できなかったけれど、追加講習に来ることができた。
思っていたよりできそうな気がしたが、ものによるかなとも思った。
ブログなどは好きだがクライアントとの関係などがあると思うと、実際はやってみなければわからないのだろうと思った。

Dさん(40代) 

県の広報誌をみて、応募した。
働きたくても、育児などで働けない​。
今回のセミナーで、在宅ワークのイメージが具体的になった。

在宅ワークに関するお役立ちサイト

在宅ワークをやってみたいな~と思う方はこちら↓

ホームワーカーズウェブ
在宅ワークに関する知識や法律などいろんな情報も掲載されています!
私はセミナー情報の中の「動画コーナー」がとても勉強になりました。
また相談窓口もありますので、始めてみたい方は必見です。

編集後記

託児室からは時々泣き声もしていましたが、その泣き声にも負けないくらいの真剣さでした!
新しい働き方としての在宅ワークが広がっていけばいいなと思いました。(アマミク)

こういったセミナーがもっと身近になって、ママが働くときの選択肢の一つになるといいですよね。
多様な働き方が社会に浸透して、子どもを育てることが枷にならないでほしいと思います(れいなママ)。

 

「ほっと越谷」#2・・・人や情報とつながれる場所

埼玉県は「在宅ワーク」がアツイ!

(2017年2月 クワイエメンバー  by れいなママ、アマミク)