味噌玉でお気軽薬膳♪

味噌玉でお気軽薬膳♪

2016年1月25日

まだまだ北風が寒いこの季節、味噌を仕込むのもこのころですね。
一人で仕込むとなるとなかなか大作業ですが、家族で、お友達と、
もしくは料理教室などで誰かと一緒に作ると楽しいものです。

今回ご紹介するのは その出来上がった味噌を使った味噌玉です。
メディアでもよく取り上げられていますからご存じの方も多いでしょう。
味噌って体に良い発酵食品ですが、
薬膳の上でもストレスなどのイライラを沈めてくれる、
熱を冷ましてくれる、むくみなどに働きかけます。

写真 2 (1)

また味噌玉に加える具ですが、
今はスーパーに乾燥ワカメやみそ汁の具(乾燥した豆腐やネギなど)が
気軽に入手できるようになりました。

写真 1 (1)

ワカメもむくみ、体にこもった熱を排出してくれます。
ネギは熱を伴う風邪の初期症状にも良いとされています。

産後のめまいなどにはみそ汁を常食するとよいですよ。

お酒をのんだあとのみそ汁は二日酔い防止に。

↓今回は以下の要領で作りました。ご参考までに。

写真(1)(c)q-waie

写真 3 (1)

塩分が多いので、摂りすぎないように…
血圧の高い人は気を付けてください。


お子さんでも作れる味噌玉。
味噌玉ならお鍋で沸騰させることもないので
熱に弱い味噌の乳酸菌もしっかり摂れます。
予め作っておけば朝の忙しいときもお味噌汁で体を温めて
一日をスタートできますね。

お試しください。

※薬膳レシピは健康的な食事のレシピであって、薬ではありません。
また薬膳的効果は個人の体質や体調によって個人差があり、紹介しているのは
健康な人がより健康でいられるためのものなので、アレルギー等含む病気をお持ちの方は
 まず医師の診断と治療を受けましょう。


【参考文献】
 早乙女孝子『いつもの食材効能&レシピ帖:漢方の知恵を毎日の食卓に』土屋書店, 2011
喩静ほか『薬膳・漢方食材&食べ合わせ手帖』西東社, 2012
金森養斉ほか『台所漢方:元気回復に身近な材料を活かす』緒方出版, 1990
北山彩子『まいにちの薬膳:身近な食材でカンタンにできる!』アスペクト, 2009

2016年1月 クワイエメンバーhalhi

関連ワード