「おやじ」がキラリ☆ 出羽小学校おやじの会「鷹羽会」

「おやじ」がキラリ☆ 出羽小学校おやじの会「鷹羽会」

2015年10月29日

越谷市内の小・中学校には、いくつか「おやじの会」があって独自に活動しています。
なかでも活発な活動内容を誇る、出羽小学校おやじの会「鷹羽会」

バックショット3準備を見守るお父さん

今回のイクメン企画は“おやじ”にスポットをあて、
出羽小学校恒例の夏行事【出羽っ子ワンデーキャンプ】
企画・運営する「鷹羽会」の、パワフルで元気なおやじたちに密着取材をしてきました!

受付誘導受付を見守るお父さん達2会長挨拶2受付を見守るお父さん達

カレー作り前準備子どもたちと一緒におやじの会OB

出羽っ子ワンデーキャンプ

出羽小学校6年生を対象にした、学校に泊まる鷹羽会主催のイベントです。
校長先生をはじめ、先生も参加してイベントを盛り上げています。
学校に集合した子供たちが飯ごう炊さんで夕食を作り、夕方には出羽地区の地域の皆さんの協力も得て
夏祭りに参加、夜は校舎で肝試し(怖そう!)やほたる観賞、そして一泊。
思い出に残る素敵な体験ですね☆☆

越谷市立出羽小学校受付風景各家庭から持ち寄った材料校長先生挨拶1

熱中症対策野菜を切る子供たち中庭にならんだ鍋鍋当番

まいぎり式火起こし器具3バーベキューコンロ4設置の確認かまどに火を入れています

一緒に火起こしかまど火がつかないよっ!!飯ごう

後片付け灰の始末みんなでご飯カレーライスできました!

よさこいソーラン1よさこいソーラン2よさこいソーラン3よさこいソーラン4

鷹羽会について会長さんにインタビュー!

出羽小学校の「おやじの会」結成について、いきさつなど。

子育てを、お母さんにまかせるだけでなく、お父さんも参加しようとの考えから、
お父さんの会を作ろうと持ち上がり、平成十一年度に“鷹羽会”が発足しました。
命名理由は、出羽小の校章が鷹の羽を表しているためでした。
主に、
一.学校施設、環境整備
二.学校行事のお手伝い
三.PTAのお手伝い
四.子供達とのコミュニケーション

といった活動を行っています。

「おやじの会」に入会した動機は?

私の場合、長男の時には出張族でしたので、
子供のために学校行くという事が殆ど有りませんでした。
しかし、長男が6年生になるときにワンデーキャンプのお手伝いに私が参加しました。
最初、カレーのお手伝いをしていたのですが男の子は火起し班でしたので、
自分の子供の居ないところでお手伝いをしていました。

しかし、途中で火起しのお手伝いに変えて頂きました。
その時に、私が知らないお父さん(鷹羽会員)がうちの長男の名前も性格も
知っているのにビックリしました。
私が出張等で参加していなくても、
周りの大人が子供たちを見てくれていることを知りました。
ちょうど出張も落ち着いていた事もあり入会をしました。

入会してのプラス面、マイナス面など教えてください。

マイナス面は余り感じません。
当然、会社の休みに各行事にでますので、
趣味の時間が少し減りますが、その位です。
プラス面としては、子供のとの会話が増えます。
また自分としても御近所の繋がりも増えて地元意識が強くなりました。

奥様の協力について。

子供のためになるのを理解しているようで、
この会の活動には、とても協力的です。
子供に付いても、お父さん頑張ってねといわれます。

近年の父親参加状況は?

イベントの参加状況は、とても良いと思います。
ワンデーキャンプでも、会員数33名の内、部分参加も入れてますが24名が参加します。
不参加の会員も、よさこいを踊る納涼祭実行委員会として参加している為という人もいます。

「出羽っ子ワンデーキャンプ」開催のきっかけは?

数十年前にもこの出羽小学校で、キャンプや学校に宿泊するという
イベントが行われていました。その貴重な体験をした児童が今や父親になり、
子供が出羽小学校に通っています。その楽しかった経験を、現代の子供たちにも
体験させてあげたいという強い思いがあり、このワンデーキャンプが開催されました。
今年で14回目を迎えました。

【目的】

日頃出来ない事を進んで体験し、みんなと協力し合い助け合うことの大切さを学び、
出羽地区納涼大会へ参加して故郷意識を深め、小学校生活の楽しい思い出を作ること。

毎年配られる、「しおり」からの抜粋です。

「出羽っ子ワンデーキャンプ」の子ども達の様子は?

とても色々な表情を見せます。
火起し体験では、ライターではなく火起こし器で薪に火を付けます。
なかなか付きませんので、自然と子供たちが協力して行っています。
肝試しでは、スタート出来ない子が出るぐらいに怖がる子もいます。

最後におやじ、男親として活動する際に心がけていることや、子どもとの関わりかた等について。

極力、子供自身が自主的に動くように手を出し過ぎないように心がけています。
当然ですが、活動する際に一番注意するのは事故の無いようにという事です。

そして実態は?!活動中のおやじにインタビュー!

インタビュー中2上野さん

今年で二年目。娘の入学時に鷹羽会の勧誘PRをみて、子どものための活動と知り入会。
地元出身ではないので、同じ活動をする仲間などの知り合いがほしかった。
私自身の交友の幅がひろがり、日常的にあいさつなどできるようになった。
娘が六年生になって、下の子が入学したその先までできれば続けていきたい。


さいとうさん斉藤さん

近所の知り合いの飲み仲間から誘われて(笑)。
こういう活動があるから入ってみればと誘いをうけた。
基本的に土曜日は仕事で、
これまで学校の行事には参加できなかったが、
いまは鷹羽会の活動をするということで休みをもらっている。
同じ目的で動いているので、お父さんたちは団結していると思う。


インタビュー風景髙橋さん

9年間やり続けていると子どもたちの成長を感じる楽しみがあります。
子ども卒業後は、地域応援団(OB)として関わりを持ちたいな(笑)
母親は子どもや学校を通じて母親同士で関わる機会が多いが、父親は少ない。
そんなとき鷹羽会会員募集の案内をもらい入会を決意!!
最初はプライベートを優先し参加していたがそのうちに鷹羽会の楽しさにハマり、
スケジュールの優先順位をあげてしまう(笑)
「こうした活動をやってみたいけど、入りにくい」と感じる父親は多いと思うけど、
勇気を出して一歩踏み出して欲しい。

スタート地点お札部屋コワいなぁいや~っ

火起こし器のこと

数年前まで火起こしはチャッカマンだったんです。
飯ごうをやることがメイン、みたいな感じで。
あるとき六年生の特別授業で火起こし器を借りてきたのを見て、
2~3年間は先生に頼んで、
わざわざ土曜日に熊谷まで借りにでかけてもらっていたんです。
そうしたらPTA会長(別名:鷹羽の火起こし隊長)が、自ら率先して「作っちゃおうよ!」って。
それで去年すべて手作りしました。ネットで研究したりしてね。
他の学校からも使わせてほしいと言われることもあります。

外に運び出された火起こし器具ひおこしの歴史の説明(もみぎり式)
鷹羽会員が集まれば、なんでもできちゃうんじゃないの?という感じでね。
どうしても夜にしか集まれないから、打ち合わせは飲みながらですけどね(笑)

仕事とのバランス

仕事は仕事なので、それはしっかりやっているかな。
会長役につくと仕事が手につかないようだけど(笑)
会社の後輩にも勧めています。社員の地域との関わりを望む会社は多いんですよ。
こういう付き合いをすると、視野が広がる。環境の異なる人が集まることで、新しい発見もある。
いい意味で勉強させてもらっているかな。
毎年、新しく赴任してきた先生の前で鷹羽会の説明をするんです。
理解してもらうためにチラシも配ります。
会社でプレゼンするより、職員室でプレゼンする方が緊張する(笑)
休日返上で参加してもらう先生たちには、本当に感謝しています。
参加する以上楽しんでもらいたいと考えています。


コメントからも、子どもや地域に対する思いが伝わってきます。
静かに見守るおやじ、輪の中で汗をかくおやじ、ひたすら裏方に徹するおやじ・・・
父親たちの頼もしい姿を拝見できました!
浦田会長を始め、鷹羽会の皆さん、ご協力いただきありがとうございました!!

取材を終えて~編集後記~

集合時間前の準備から見学させていただきましたが、どの会員さんも
わくわくした表情だったのがとても印象的でした。
こんな楽しそうなお父さん達と一緒に、同級生と学校に泊まるという体験は
忘れられない経験になると思います。
人のために働く背中、めちゃくちゃかっこよかったです!!(さと)

取材の引き上げ時間がすぎても、子どもたちの笑顔をみたくてうろついている私に、
できあがったカレーライスをご馳走してくださいました!
校長先生とご一緒させていただいたカレーライスの思い出は忘れられません(^^)
同じ親として、改めて子どもとの関わりについて考える機会になりました。(れいなママ)

(2015年9月 クワイエメンバー by さと、れいなママ)

地図

出羽小おやじの会「鷹羽会」

関連ワード