【輝き】探検隊!子育てママの「あったらいいな」を集めたカフェ「Cafe&Dining ARISTAR」

【輝き】探検隊!子育てママの「あったらいいな」を集めたカフェ「Cafe&Dining ARISTAR」

2015年10月30日

クワイエファミリー(頭)

【輝き】探検隊!では、老若男女問わず、輝いている人、頑張っている人、夢を実現した人
た、人に限らず、お店や団体なども紹介していきます。
第3弾となる今回は、越谷駅のツインシティに、今年の春オープンしたお店「ARISTAR」を紹介します。

おしゃれなカフェとネイルサロンが併設されたお店で、
オープン当初から、クワイエメンバーをはじめ子育て中のママ達からも大注目!
 

 店舗前面 インテリア2 

 

温かみのある明るい店内は、おしゃれな雰囲気。まずは、お店の中を紹介します!

ソファ席入口 テーブル用子供いす

ベビーカーでも広々入れる店内。テーブル席も広々。テーブル席にはお子様用の椅子もあります。

いす席 コンセント

ポップな色の椅子が並ぶカウンター席。
ここは、ビジネスマンが1人でもつかえるようにコンセントも付いています。
お弁当をカスミで買ってから、スープだけの注文もOK。具だくさんのスープはテイクアウトもできます。

手洗い場

テーブル席の奥には小さな手洗い場所が。
ご飯を食べると子どもは手を汚しがち…。近くにさっと洗える場所があるのは心強いですね。

コップ01

水・おしぼり・スプーン・砂糖・ミルクなどの横には、
子供用のプラスチック製のコップやお皿、子供用のストローなども自由に使えるようになっています。

お座敷席 お座敷用子供いす1

一番奥には小上がりの座敷テーブル席があります。
ここには、子供用の椅子があるだけではなく、布団やバウンサー・バンボ等も用意していますので
小さい赤ちゃんと一緒でも安心して食事が出来るスペースです。
羽のない扇風機や毛布など、きめ細かい優しい心遣いを感じますね。

おもちゃで遊ぶ5 おもちゃで遊ぶ4 おもちゃで遊ぶ3 

テーブル座席の隣は、キッズスペースとつながっています。
キッズスペースには、おもちゃがたくさん!
子ども達が思い思いに遊んでいる横で、落ち着いて食事ができます。

小上がりスペース2
ここは仕切りができて、定期的にベビーマッサージの教室も開かれています。
また、ベビーマッサージの後、授乳するスペースはロールスクリーンで仕切るなど、ここはフレキシブルな機能をもつスペースです。

 

ネイルサロン前面
カフェの隣には、ガラスで仕切られた、ネイルサロンがあります。

 

こだわりのメニューを紹介します


店長自身が子育て中のママということで、ママに優しいメニューがたくさん!
テイクアウトメニューもあります。

■キッズメニュー
子どもが喜びそうな見た目も可愛いプレート。
このほかにも、お子さまうどん、お子さまカレーもあります。
キッズメニューには、野菜たっぷり具沢山の
スープとドリンクがついています。

お子様ランチプレート1
アニマルトーストプレート

お子様ランチプレート2
焼きおにぎりプレート

■ワンプレートランチ
五種豆と五穀とゆかりのご飯、たくさんの野菜、具だくさんスープで、身体に嬉しいランチプレート。
ボリュームたっぷりで野菜もたくさん食べれて、大満足のプレートです。

豆腐と野菜のおろしハンバーグ
豆腐と野菜のハンバーグ
チキン南蛮プレート
チキン南蛮プレート

 

■パスタ
パスタは、こだわりの生パスタで種類もたくさん。何度行っても楽しめますね。

ボロネーゼフェットチーネ
ボロネーゼフェットチーネ
海鮮ジェノベーゼ
海鮮ジェノベーゼ
カルパッチョ風冷製サラダパスタ
カルパッチョ風冷製サラダパスタ

 

■ドリンク&デザート
ママは授乳などで飲めないこともあるで、ノンアルコールカクテルも提供しています。
ドリンクの品揃えはもちろん、デザートも充実しています。
レジ前(テイクアウト)

カクテル
カクテル
ノンアルコール各種
ノンアルコールカクテル
ココアリーム
ココアクリーム
北海道キャラメルアイス、北海道チョコアイス
キャラメルアイス・チョコアイス
抹茶&わらび餅
抹茶&わらび餅

 

店長の佐藤さんも子育て中のママ。
ご自身の経験から、「食に対するこだわりは大きい」と語る店長の佐藤さん。

そのこだわりについて伺いました。

私の子どもが急に野菜を食べなくなった時期がありました。どうしても食べてもらいたくて、出汁をとって野菜がたっぷり入った具だくさんのお味噌汁やスープを作ると、子どもたちが喜んで野菜を食べてくれたという経験がありました。

赤ちゃんに初めてあげるものだから、栄養価が高くて、おいしくて、安心して食べられることは、子供を持つ親にとっては共通する思いです。子どもと外食をした際でも、そんな食事を提供したいという思いからスタートしました。

くわっピ~ママ2
 
また、スタッフの中にいるママの意見を取り上げて、お子さまうどんは、わかめを細かくしたり、麺カッターを用意して麺を切ったり、汁を薄味にしたり…。今後は離乳食の提供も検討しています。スタッフと一緒に自分たちがしてほしかったサービスをどんどん提供していきたいと思っています。これが私のお店づくりの根本にあります。

子どもが食に対する楽しさを知ってほしいという思いから、ワンプレートやアニマルトーストなど子どもが喜ぶキッズメニューをそろえています。もちろん、大人にも一つのプレートで色々な食材をとってほしいと考え、五種豆と五穀とゆかりのご飯、たくさんの野菜、具だくさんスープなどのメニューもあります。

「食材にこだわっている・栄養面を考えているというところを見てもらいたいです。」

 

 

次にご自身が子育て中のママである店長ご本人について気になることを伺ってきました。

このような店をやろうと思ったきっかけは?

幼稚園教諭だった私は、もともとカフェを開きたいと思っていたわけではありませんでした。
一人目を出産した当時は、ずっと興味のあったベビーマッサージが現在ほど認知されておらず、
講師や教室が少ない上に、少々高額でした。それなら、自ら勉強してベビーマッサージ師の資格を取ろうと思いました。
二人目の妊娠をきっかけに資格をとり、ベビーマッサージの効果や良さを同じ子育て中のママ達に知ってもらいたいという願いから、
「ベビーマッサージ教室ができたらいいな」と漠然とした目標が生まれました。
そのような時に、家庭教師や個別学習の事務所を経営している兄から、お店作りの協力を頼まれました。
私は、ベビーマッサージ教室を開くなら、人が集まるところ・・・例えばカフェで開きたいと思っていました。
しかし、カフェでベビーマッサージをしようと検討すると、十分な広さのあるスタジオが必要、食品の衛生面も考慮しなくてはいけない
子連れだとカフェは座敷があるといいな・・・など、具体的な部分が見えてきました。
兄の教育的要素と、私のベビマができるスタジオ付カフェを作りたいという、それぞれの思いがかなう場所を探し始め、
このツインシティにお店を開く事になりました。

複合カフェにしたのはなぜですか?また、子どもやベビーにこだわった理由は?

お店を開くにあたって、オーナーと私のやりたいことを今一度話し合って、
ベビーからキッズ、小中校生を対象とした、ベビーマッサージ・キッズ英会話・個別学習・受験対策といった、
1つの店舗でサービスが完結できるような「ワンストップサービス」をやりたいということにまとまりました。

そこで、まずはワンストップサービスをしているということを周知してもらいたいということになり、自然に人が集まるカフェから始めることにしました。
自分自身も子育てをする母親なので、ベビーカーで入れるお店がであったり、
赤ちゃんが泣いても大丈夫なキッズスペースがあるママのための場所があればいいなと思っていました。
子育て中のママが一番求めるものは「おしゃれなカフェでランチして、ママ友とおしゃべりをしたい」という統計の結果もあります。
また、ネイルサロンが越谷周辺に少ないということもリサーチし、ネイルサロンも始めるなど、
良い所取りしてこのサービスを認知してもらおうということになりました。

「ARISTAR」という店名はどのような意味があるのですか?

ARISTERという店名は、教育と食・美容に関する複合カフェなので
「学問の神=アリストテレス」と「ギリシャ神話の食に関する神=アリスタイオス」から、「アリスタ」をとり、
また美容を含めた3つのサービスを通して、お客様お一人おひとりの生活を輝かせていただきたいという願いから「スター」を合わせて
「ARISTAR(アリスター)」という店名になりました。

ベビマの資格はいつとったの?勉強は大変でしたか?

ベビーマッサージ教室の先生が、ご自身のお子さんでベビーマッサージをしていて、私もこんな教室をひらきたいと思いました。
上の子が2歳、下の子の妊娠後期から勉強を始め出産前に資格を取りました。
ちょうど東日本大震災の年で計画停電など大変な時期でしたが、大人になってから勉強することが楽しくて子どもを寝かせて早く勉強したいという思いが強かったと思います。
出産経験から、ベビマの勉強の内容も身近に感じられるものですし、勉強しながら一人目の時にこの資格を取得しておけばよかったと思ったくらいでした。

今後どんなお店にしていきたいと思っていますか?

出産を機にベビーマッサージへの思いが強くなりました。
自分の子どもにベビーマッサージをすることで、より我が子が愛おしく思えたのが一番ですが、夜泣きが少なくなったり便秘が解消されたりと、すごく自分が助けられました。
その事を子育てで困っている他のママにも伝えていけたらと考えるようになりました。
また、ママたちがゆっくりランチなどでくつろいで下さっている間に、私のような有資格者が保育できたらとも思います。
ただ集うだけのカフェではなく、教育的要素を含みつつまだまだ発展していきたいです。

ワンストップサービスもベビマも目標ではありますが、今をもっとより良いものにしていきたい、お客様に喜んでもらえるようなサービスを提供したいと思っています。
まずは、周囲の方に認知してもらえるようにしていきたいと思っています。

お子さん連れのお客さんが多いと思いますが、接客の際に気を付けていることはありますか?

店員の印象は大きい。「子どもに優しいお店」と謳っているので、子どもに優しく笑顔で接することに気を付けています。
なるべく子ども一人ひとりに声をかけ、コミュニケーションをはかることで、ママもお子様も安心して過ごしていただけるよう配慮しています。
また、お子様のお名前を聞いて再度ご来店の際は名前を呼んで声をかける努力をしています。
子どもが好きな場所はママも好きな場所になる。こういったことから、常連のお客様に喜んでもらいたいと思っています。
夕方以降はビジネスマンや学生もいらっしゃいますが、ランチ時はお子様連れが多いです。一緒に働いている従業員はママが多いので、そういったママ目線でのサービスを提供できたらと思います。

お店づくりの時に、大切にしたことは?また、苦労したことは?

大切にしたことは、小さなお子様連れのお客様が多くなるという想定下で、ベビーカーでも入れるように通路スペースを広くとったり小上がりのスペースの床は柔らかい素材を使用し
キッズ用の食器は軽くて落としても割れない素材を選びました。
また、苦労した事は法律の規制をクリアする事でした。食品衛生法や消防法に則した店舗にするため、必要な資格を取得した上で、
保健所や消防署と何度も修正を加えた結果、構想から2年半かかり当初の予定の計画とはかなり異なる店舗レイアウトになりました。

初めての経験で不安は?

絶対に求められているという確信がありました。自分が求めていたことだから、他のママも求めていることだと思っていました。
オーナーである兄の後押しがあり、すぐ行動に移せました。
カフェ雑誌で、過去例にないお店がオープンしたと、起業するまでのサクセスストーリーのような話で取り上げてもらい
今後はこの様な親子カフェが増えるかもしれないと取材時に言われました。

店長のパワーの源、原動力はなんですか?

協力し応援してくれる家族の存在です。特に娘と息子には、一緒にいられる時間がぐっと減り、淋しい思いをさせてしまっています。
でも、子どもは小さいながらに私の働く姿を見て理解してくれています。「ママがお料理している姿が一番好き」という手紙には、とても励まされました。
家族のためにも、このお店を絶対に軌道に乗せたいと思っています。

 

編集後記

職場のママからもクワイエメンバーからも「このお店がオススメ!」と言われて
すごい取材に行きたくなったのがきっかけ。
取材をしてみると本当に一言で言い表わせないくらい素晴らしいお店で
オーナーさん、店長さんの意識の高さにびっくりでした。
提供しているサービスが本当にカユイところに手が届いちゃうんです!!
それからというものかなり頻繁に利用させていただいてます^^(さくらんぼ)

子育てママの様々な「あったらいいな」を叶えようとする優しさと、それを実現する行動力。
取材を通してオーナーさんと店長さんお二人の熱い思いが、伝わってきました。
ちなみに店長の佐藤さんとは、息子の保育園で知り合ったママ友です!
同世代のママが
頑張る姿は、私自身も元気をもらっています。
これからもARISTARのファンの一人として、また利用させてもらいます。(ヒヨコ)

近くをとおって、のぞいた瞬間、「夢に見たお店が現実に現れた!!」と
感動しました。ママ友はもちろん、私の義母も大満足しているお店です。
店長さんはどんな方なんだろうと取材して見ると、勉強熱心で、
努力家でキラキラ輝いている素敵なママさんでした。
お店&店長さんのファンとして、これからもおいしいランチを食べに行きたいと
思います!(さと)

 

店舗情報

Cafe&Dining ARISTAR
  TEL    050-5263-2245/048-971-7054
  アクセス   東武スカイツリーライン「越谷駅」東口より徒歩1分、越谷ツインシティAシティ2F
  営業時間 ランチ 11:00~15:00
        アラカルト 15:00~20:30 (L.O.20:30)
        キッズ・ドリンク各種 11:00~20:30 (L.O.20:30)
  店舗紹介HP ヒトサラ
Cafe&Dining ARISTAR」

 

地図