クワイエメンバーが見る「子ども・子育て支援新制度」 ~保育園ママの振り返り編~

クワイエメンバーが見る「子ども・子育て支援新制度」 ~保育園ママの振り返り編~

2015年4月21日

平成27年度から始まった、「子ども・子育て支援新制度」。
保育所(園)・認定こども園・地域型保育事業での保育を希望した親御さんたちは、
昨秋頃から新制度のマニュアルとにらめっこをして、
すでにもう手続きを終わらせたことと思います。
クワイエではこれまで、
「クワイエメンバーが見る『子ども・子育て支援新制度』」シリーズとして、
【小学校就学前編】【Q&A編】をレポートしてきました。
最終回の今回は、クワイエの現役保育園ママ2名に、
今回の新制度を振り返ってのアンケートに答えてもらいました~(^^)v

クワイエメンバー NAOママ姫

現在の状況
2号認定
子供は4月から2歳児
フルタイム勤務
9時30分から17時30分が定時
在宅勤務等あり、長期出張等あり


(1)大変だったこと
保育短時間制度の導入です。
大きく二つに分類されますが、
自分がどちらに当てはまるのかわからない人もいたのではないでしょうか?

(2)良かった点・良くなかった点
◆良かった点
・7:30
から8:30、16:30から18:30までの延長の申請が不要となったところ。
 ただ、利用時間は書面で提出なので、名称が変わっただけ?という印象です。

 (短時間保育の人は時間設定が異なりますが、園にもよって様々だと思います。)
手続きに関して、源泉などの書類が不要になったこと。
◆良くなかった点

仕事を、新たにスタートする場合、保育園に入れるのか?
そもそも保育短時間の人は無理なのではないか?と、
不安要素を感じるように思います。
実際育休中の人も多いし、パートさんも結構いるので、
この制度は保育園側にとってはよかったのかもしれません
先生が早く上がれるなどのメリットの意味で)。

クワイエファミリー(頭)

(3)その他なんでも
子育て支援は試行錯誤中なのだ!と思いました。
よい制度は国を超えて、採用するとよいと思いました。

クワイエメンバー ヒヨコ

現在の状況
2号認定(標準時間)
週4日で9時~17時のほぼフルタイムです。
上の子(5歳児)が幼稚園に通っていて、今年1年生になります。
4月から学童に入ります。
下の子(2歳児)は昨年4月から保育園に通っています。
今年4月から別の保育園に転園させるため、
2年連続で保育所の一斉申し込みをしました。


(1)大変だったこと
新制度を理解するのに時間がかかりました(私の読解力不足かもしれないですが)。
また、今年から4月入所一斉受付が、
昨年より約3週間前倒しになっていたので、すごく焦りました。

9月上旬:新制度の内容が公開
  ↓

10月中旬:普通の幼稚園の願書配布
  ↓

11月初め:普通の幼稚園の願書提出
  ↓

11月中旬:保育所・保育園4月入所一斉受付
  ↓

2月初め:保育所・保育園の結果

保育園に入れなかった場合は幼稚園に入園させたいと思っていたので、
私のような場合はどうしたらよいか理解できず、市役所に電話して聞きました。
結局は、検討している幼稚園は新制度に関係なく例年通り園に直接申し込みだったので、
11月に保育所保育園の一斉受付をして、
幼稚園へは保育園の結果が出た2月初めの時点で空きがあれば、
入園したい旨を伝えておきました。

(2)良かった点・良くなかった点
◆良かった点

・認定こども園がこれから増えてくるのかなと期待感がある。
・新制度になっても、申し込み手続きや準備する書類などはあまり変わらず、例年通りだったこと。
◆良くなかった点
・標準と短時間の区別が分かりにくい。
 就労時間に休憩時間を含めることを知らずに短時間で申請しましたが、
 入園後、保育園からの指摘で標準時間であることが分かり、変更手続きをしました。

・新制度公開から申し込みまでの時間が短かった事。
・4月からの保育料がなかなか決まらなかった事(4月の2週目に通知がきました)。

クワイエファミリー(全員)

(3)その他なんでも
3月現在、上の子(5歳児)を幼稚園・下の子(2歳児)を保育園に通わせています。
下の子も3歳児になるタイミングで、
上の子と同じ幼稚園に通わせてもいいかなと思っていましたが、
幼稚園は保育園に比べて、
預かってくれる時間が短い、土日に行事があると振替休日がある、
台風や雪など天気によって早めに休園になってしまう、などの理由で保育園を選択することにしました。

子供の体調不良で仕事を休む事が多いので、
安定して預けられる保育園は非常に心強いです。

けれど、幼稚園によっては預かり時間が保育所(園)とほとんど変わらないところもあります。
また、保育所(園)でも幼稚園と同じくらいきちんと教育をしてくれているところもあります。

幼稚園も保育所(園)も提供されるサービスはほとんど変わらなくなっているなと感じました。

番外編 クワイエメンバーから新制度に寄せて

今回の新制度では
学童保育という面で6年生まで受け入れ可能となったことは、
共働きのご家庭では嬉しい話です。
高学年とは言え、一人で留守番させておくのは、
親としては気がかりな部分ですから。
また、学童保育室の二室化を図り、
あちこちで受け入れ人数が増えているのもありがたい対応です。
幼稚園や保育園の頃は、気兼ねなく働けたママも
小学校に進級したら学童保育室という壁で、
大変な想いをしていた方を多く見てきました。
そんな壁を少しでもクリアできる制度に期待を寄せています。(マユ)

今回の新制度、待機児童を解消するという部分で大きく役立ってほしいです。
保護者のために充実した子育て支援という部分もとても期待しているのですが、
実際のところどのような事務が介入するのかまでわかりませんし、面倒なのは嫌で(笑)
個人的には、せっかく考えられた新制度なので
認定こども園も学童や家庭保育室の変更も、
各施設が待機児童の受け皿っていう感じではなくてそれぞれの長所を生かして、
子どもにとって良い方向にいくものであると願っています。(さくらんぼ)

 

クワイエの関連記事
クワイエメンバーが見る「子ども・子育て支援新制度」 ~小学校就学前編~
クワイエメンバーが見る「子ども・子育て支援新制度」 ~Q&A編~

(2015年4月 byクワイエメンバー fika)