「まちの助産婦」は、そばでそっと支えてくれる育児の強い味方!!

「まちの助産婦」は、そばでそっと支えてくれる育児の強い味方!!

2015年3月2日

越谷市内に産後ケア専門の助産院があるってご存知でしたか?
乳房のトラブル,乳腺炎,卒乳・おっぱいのあげかたなどの相談に対応してくれます。
また、自宅への訪問相談も行っているそうです。

育児に悩んでいるママさんの大きな味方である「まちの助産婦」の横井さんにお話を伺いました。

横井聖美(よこい きよみ)さんの経歴

横井聖美さん

鹿児島県出身
地元の高校を卒業後、宮崎県立看護大学で4年間看護と助産を学ぶ
その後、上京し、東京女子医科大学母子総合医療センター
葛飾赤十字産院,越谷
市立病院で助産師として勤務
平成25年7月に産後ケア専門助産院「まちの助産婦
」設立
助産師免許,保健師免許,看護師免許 保有
 

産後ケア専門助産院とは、具体的にはどのような産後のケアをしていますか?

乳房マッサージ、赤ちゃんの体重測定、母乳のあげかたのアドバイス、
ミルク量のアドバイス、沐浴の練習、お母さんの栄養や休息に対してのアドバイスなどです。

「産後のお母さんと赤ちゃんが健康で過ごせるように」ということを念頭に
ケアをさせていただきますので、そのために必要なアドバイスはどのようなことでもいたします。

「まちの助産婦」では、育児クラスを開催していますが、どのようなクラスですか?

育児中のママやお子さまのためのクラスです。
事前にFacebookやメール、草加市の「ぼっくるん」という子育てサイトから集客します。

参加費は、親子で3,000円。時間は、10:00~12:30の予定。
1月29日に実施しました育児クラスは、
8組の親子(越谷市在住:6組、草加市在住2組)が参加しました。

育児クラス風景育児クラス風景

-----育児クラスは、どのような内容ですか?

毎回テーマを設定しています。
育児クラス終了後にアンケートを取り、今後どのようなクラスを開いてほしいかを聞いています。
その中でリクエストの多い内容からテーマ
を決めています。
お母さんと赤ちゃんが「こんなことおしえてほしいな。やってみたいな
」と望むことを形にしています。

-----育児クラスのスケジュールは?

10:00~11:15 → 助産師による卒乳に関する講座
1月29日開催の育児クラスのテーマは、「おっぱいの卒業はいつ? どうやって?」

まちの助産婦 の助産師が、自身の体験も踏まえながら、
卒乳・断乳についての講義をしました。
お一人お一人でもっているお悩みが違うことから、
講義のあとはお悩みの種類でグループわけをして、
一人一人の疑問に答えました。

11:15~12:20 → ランチタイム

普段、お子さまと二人きりで食事をしている方がほとんどですので、
「ほかの人と食事できてよかった」という感想をいただいております。

12:20~12:30 → アンケート記載

12:30 終了

-----育児クラスが行われるスペースはどのくらいですか?

15畳1間です。

-----育児クラスに幼児を連れて行った場合、おもちゃの用意などありますか?

おもちゃを用意しています。
また、お子さまと離れたほうが集中して講座を受けられる方のために、
別室でお子さまをお預かりするサービスも行っています。

育児クラスでは、皆さんでランチを召し上がるのですね。詳しく教えてください。

-----「まちの助産婦」Facebookページには、ランチ写真が掲載されています。
とても美味しそうでヘルシーな印象を受けましたが、料理をする方はどなたですか?

ランチをつくっているのは、調理担当の綿貫みずきです。
幼稚園に通う男の子のお母さんで、フードコーディネーターのアシスタントの経歴があります。
綿貫が毎回、季節や開催
時期のイベントから料理のテーマとそれに合うメニューを考えています。
メニューにはか
なりのこだわりがあり、季節の食材を取り入れる、
普段の生
活では食べられないようなメニューにする、
焼く・蒸
す・煮るなど様々な調理法を取り入れるようにしています。

ランチメニューランチメニュー

-----母乳や産後の身体を考慮したメニューなのでしょうか?

添加物の入っていない食材を使用するなど、材料にもこだわっています。
母乳や産後の身体にふさわしいメニューで、
お子さまでも安心して召し上がっていただけるものにしています。
また、食物アレルギーの有無を事前にお尋ねし、
アレルギーの食材を誤って口にすることがないよう配慮しています。

ちなみに、1月29日開催の育児クラスのランチメニューは、

  • ひじきとほうれん草の豆乳キッシュ
  • ブロッコリーとうずらの卵のサラダ
  • 里芋のポテトサラダ
  • 大豆と芽キャベツのグリル
  • 冬野菜のローズピクルス
  • 豆乳クラムチャウダー
  • あたたかい玄米ごはん
  • 豆乳ときなこのプリン

1/29育児クラスのランチメニュー1/29育児クラスのランチメニュー

育児クラスでは、「輝くお母さん発掘プロジェクト」を実施していますが、どのような内容ですか?

-----『ママにはでっかい才能がある!輝くお母さん発掘プロジェクト』
という取り組みをされていますね。どういうプロジェクトですか?

過去に人前に出るお仕事をされていた方などは、
育児中の大きな変化のない日々において、
誰かに何かをおしえることで本来の自分らしさを取り戻します。
このプロジェクトでは、そんなお母さんに講師をしていただくことで、
その方自身が生き生きとした時間を過ごすことを一番の目的にしています。

-----お母さん講師は、どのような募集なのでしょうか?

育児クラスに来られるお母さんのなかから、
そのようなタイプのお母さんを探しお声をかけています。
講座の内容は、ピアノや工作などその方の得意分野です。
クラスの講師をお願いすると、
打ち合わせ・準備・本番とお母さんの顔つきがどんどん変わっていくのがわかります。
クラス当日の講師のお母さんは、自身の得意分野を披露し最高の笑顔をみせてくれます。

クラス終了後、講師を務めての感想をいただきますが、
「今までは、日中は子どもと二人だけの悶々とした日々を過ごしていました。
しかし、講師が決まり準備から本番まで充実した時間を過ごすことで、
本当の自分の居場所がみつけられたようでした。」とおっしゃる方が多いです。

講師の募集は常にしていますので、我こそはという方はぜひご連絡ください。

育児クラスの参加者同士が交流する時間(自己紹介など)を設けていますか?

受付のときに胸元に名前シールを貼っていただき、相手の名前がわかるようにしています。
クラスが始まったら、まず円になってお互いに自己紹介をします。
お住まいが近いなどの共通点がみつかると盛り上がります。
また、講座終了後のランチタイムでは、
ランチを食べながらお互いに様々な情報交換をされているようです。
アンケートでも「二人目・三人目のママに離乳食のことをおしえてもらえた。
我が子の離乳食の進みが遅く心配だったけれど、ほかの子も同じように育ったのだとわかり安心できた。」
というような感想が寄せられています。
ここに、参加者同士が交流することの良さがあると思います。

育児クラス風景

最後に、子育て中のママやパパへメッセージをお願いします。

まちの助産婦は、育児中のお母さんと赤ちゃんが安心して過ごせるように・・・
と願いつくられた助産院です。
お産後、おっぱいのあげかたがわからない、赤ちゃんがずっと泣いていてどうしたらいいかわからない、
近所に頼る人がいなくて心配、赤ちゃんの育児のために眠れない・・・
そんな方がいらしたらぜひご相談ください。力になります。

また、当院へのご依頼の9割はご自宅への訪問です。
喜んでご自宅に訪問させていただきますので、お気軽にご依頼ください。

まちの助産婦はこれからもずっと、育児中のお母さん・お父さんを応援しています。

(2015年3月 by クワイエメンバー  マユ)

産後ケア専門助産婦 「まちの助産婦」
  越谷市大字増森1751-1(カーナビゲーションでは、増森の前に【大字】とご入力ください)
    JR武蔵野線「越谷レイクタウン」駅下車
    タクシー 約10分
    タローズバス 越谷レイクタウン駅北口より「タローズ本社行」乗車
              「新田」停留所下車、松伏方面に向かい徒歩約15分
  Tel. & Fax. 048-948-7103 (FAXは24時間受付)
  月~金曜日:9:00~17:00
  土曜日   :9:00~15:00
  
  ホームページ  :http://town-mw.jp/index.html
  Facebookページ:https://www.facebook.com/town.mw

地図

産後ケア専門助産婦「まちの助産婦」