わくわく絵本教室〜幼児をもつ親のための講座〜☆その3

わくわく絵本教室〜幼児をもつ親のための講座〜☆その3

2014年10月22日

あいのみ文庫主催による『わくわく絵本教室』
いよいよ第3回目、読み聞かせの黄金期についてです。

あいのみ文庫についての詳細、及び、第1回目、第2回目の様子は
「幼児をもつ親のための講座〜わくわく絵本教室☆その1」
「幼児をもつ親のための講座〜わくわく絵本教室☆その2」をお読みください。

書架 

まずは、いつものように保護者の方へ贈る1冊

いっぱいやさい

 ☆まどみちお*作
  斉藤恭久*絵
  至光社

 →ページ毎に色々な野菜を紹介。使われている言葉が美しく、優しさにあふれている。
絵ももちろん美しいが、どこかに必ず「虫」が描かれているという遊び心つき。
(その虫の名前も裏表紙に全て書いてあるので、子どもに質問されても答えることが出来る。)
 

読み聞かせの黄金期

今日は、いよいよ一般的に「絵本」と言われたら思い浮かべるような
ストーリー制のある絵本についてです。
時間の許すかぎり、次々と絵本を紹介されました。

塩谷さん 代表の塩谷さん
いつも穏やかに、上品な言葉でにこやかに話され、お話しを伺うだけで癒されます。
 

どろんこハリー

 ☆ジーン・ジオン*作
  マーガレット・グロイ・グレアム*絵
  わたなべしげお訳
  福音館書店

 →「白い身体に黒いぶちのある」小犬ハリーが、あちこち遊び回るうちに「黒い身体に白いぶちのある」小犬になってしまい、ハリーだと気づいてもらえず・・・
子どもは、ハリーに成りきって一緒に大冒険を味わい、また「あるべき所(=家)」に帰って来て安心する。
この安心感が良い絵本の条件である。

 

ぐりとぐら

 ☆中川李枝子*作
  大村百合子*絵
  福音館書店

 →1963年出版の定番絵本。時代を超えてなお、古くささを感じない。中川さんが保育士としての経験を基に、ごっご遊びの延長のお話しを作った。この2人のコンビでの作品は数多いが、大村さんの独特のタッチの絵が、他の絵本にも出て来て面白い。
この絵本に出て来る表現が、(この絵本に限らず、だが)親子の共通の言葉になり、子育ての醍醐味につながる。

 
 
 
じぷた

 ☆渡辺茂男*作
  山本忠敬*絵
  福音館書店

 →ジープを改良したちっぽけな消防車「じぷた」はいつも、はしご車、ポンプ車などの花形スターの人気をうらやましく思っているが、ある日、「じぷた」にも活躍のチャンスが来て・・・
自分が小さくてまだ何も上手に出来ないという気持ちが「じぷた」とピッタリ重ね合わされる。

いたずらきかんしゃ

 ☆バージニア・リー・バートン*作/絵
  村岡花子*訳
  福音館書店

 →「花子とアン」の村岡花子さん訳の絵本。
読み聞かせると13分くらいかかる大作だが、文字もまるで踊っているように書かれているなど、読む人を目でも楽しませる要素がある。

 


日本の昔話

ももたろう赤羽

 ☆松井直*作
  赤羽末吉*絵
  福音館書店

 →絵に迫力がある。

ももたろう箕田
momotarou

 ☆代田昇*作
  箕田源二郎*絵
  講談社

 →上の絵本がもともとの装丁。下の絵本が、海外向けに出版される際に差し替えられた表紙。

昔話の定番「ももたろう」は、色々な版があるが、赤羽末吉の版と箕田源二郎の版の2つを紹介。
どちらも、言葉と絵が美しく、迫力があり、ももたろうが「1杯食べたら1杯分、2杯食べたら2杯分、3杯食べたら3杯分」成長する様子が、一目で分かるように描かれているなど、工夫がある。

だいくとおにろく
こぶじいさま
 

 どちらも

  ☆松井直*再話
  赤羽末吉*絵
  福音館書店

 →巻物や屏風などをイメージして、横長の美しい絵本を作った。


世界の昔話

がらがらどん

 ☆北欧民話
  マーシャ・ブラウン*絵
  瀬田貞二*訳
  福音館書店

 →絵だけで充分迫力があり、怖いので、それ以上、声色(こわいろ)を使って読む必要はない。

こぶた

 ☆イギリス昔話
  山田三郎*絵
  瀬田貞二*訳
  福音館書店

 →このような良く知られた昔話には、色々なバージョンがあるが、残酷な結末を大人の都合で改編していないものをお薦めする。例えば、最初の2匹のこぶたはオオカミに食べられてしまうが、それは自然の摂理として、子どもは受け入れることが出来る。そして3匹めのこぶたが知恵を使って、逆にオオカミを食べてしまうことで、子どもは「ああ、良かった。」と心から安心することが出来る。

おだんごぱん

 ☆ロシアの昔話
  脇田和*絵
  瀬田貞二*訳
  福音館書店

 →言葉にリズムがありスラスラ読まないと面白くないので、読み聞かせるときは、練習してから読むと良い。最後にパンが食べられてしまって、残念な気持ちもするが、「パンは食べるもの」なので、子どもは納得できる。


言葉遊びの本

何もなくても遊べる。言葉を頭の中で想像し、色々考えることが大切。

ぶたたぬききつねねこ

 ☆馬場のぼる*作
  こぐま社

 →おなじみ「しりとり遊び」の絵本。

なぞなぞえほん

 ☆中川李枝子*作
  山脇百合子*絵
  福音館書店

 →1のまき〜3のまき。

なぞなぞなーに

 ☆いまきみち*作/絵
  福音館書店

 →はるのまき〜ふゆのまき。
 

 

おおきないも

 ☆市村久子*作
  赤羽末吉*絵
  福音館書店

 →面白いストーリー。幼稚園でとても人気の絵本。

 

 
知識を増やすような絵本

十二支のはじまり

 ☆長谷川摂子*作
  山口マオ*絵
  岩波書店

 →知識を増やしていくような絵本も、だんだんと取り入れるようにしていくと良い。

ダンゴムシ

 ☆皆越ようせい*文/写真
  ポプラ社

 →ダンゴムシの写真がいっぱい。大人は苦手に思うかもしれないが、子どもは大丈夫。


季節の本

ぎんいろのクリスマスツリー

 ☆パット・ハッチンス*作
  わたなべしげお*訳
  偕成社

 →とても美しい絵本。

クリスマスってなあに

 ☆ディック・ブルーナ*作/絵
  ふなざきよしこ*訳
  講談社

 →宗教的な内容を、うさこちゃんシリーズで分かりやすく書かれている。

 

ふしぎなナイフ

 ☆中村牧江、林健造*作
  福田隆義*絵
  福音館書店

 →まるで写真のような絵。ふしぎなナイフが、曲がる・ねじれる・折れる・割れる・とける・切れる・ほどける・ちぎれる・ちらばる・のびる・ちぢむ・ふくらむ・・・

カモさん

まとめ

絵本の中には、大きく分けると次のようなものがある。

  1. ストーリー制のある物語。昔話など。
  2. 言葉遊びのもの。
  3. 知識を増やす科学の本(写真など)

良い絵本の条件

  1. 言葉と絵が美しいこと。
  2. 子ども向けだからと手を抜いたり、子どもに迎合したりせず、
    細部までこだわって作っていること。
  3. 色々な事件や冒険があっても、最後は安心をすることが出来ること。
    (=勧善懲悪、ハッピーエンド)

絵本が果たす大切な役割

  1. 豊かな言葉、美しい言葉を味わう。
  2. 美しい挿絵を楽しむ。
  3. 知識を得る。お勉強としての知識ではなく、好奇心を満たすということ。
  4. 自立をするための基本的な生活習慣を学ぶ。
  5. 心の解放。(母と一緒に楽しむ時間である。)
  6. 子育てのヒントを得る。(子どもの成長とともに、親も成長する。)

一番大切なことは

 まず、感動する、不思議に思う、感じる心を持つ、ということ。
 知識を得るのはその次で良い。

「クワイエ」バックナンバーより、その他の絵本に関する記事
うちの子がハマった!クワイエメンバーおススメ絵本☆
おはなし大好き!本・読み聞かせスポット
憩いの場「フリースペース こしがや絵本館」を訪ねました☆
 

編集後記

クワイファミリー(ママ&くわっピ~)

  絵本が与えてくれる、素敵な時間を楽しみ、
  子どもと共に、私も心を豊かにしていきたいと改めて思いました。

 

(2014年10月 byクワイエメンバー アリス)

地図

文教大学あいのみ文庫

関連ワード