わくわく絵本教室〜幼児をもつ親のための講座〜☆その1

わくわく絵本教室〜幼児をもつ親のための講座〜☆その1

2014年8月25日

文教大学あいのみ文庫主催による『わくわく絵本教室』
秋の第2弾、第3弾について発表されましたので、お知らせします。
日程は、9月25日と10月9日。申し込み期間は9月1日〜17日です。
詳細は、クワイエ内の紹介記事→http://q-waie.koshigaya-kosodate.net/docs/2014081100014/をご覧ください。
以下は、5月に行われました第1弾についてのご紹介記事です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

絵本は、子どもの成長にとって良いもの、という認識は、誰もが持っていると思います。

クワイエでも、ボランティアメンバーの子どもたちが実際にハマった絵本の数々を
うちの子がハマった!クワイエメンバーおススメ絵本☆として、ご紹介しました。

くわっピ~2 しかし、子どもによって、ハマるハマらないはさまざま。
 まして、なぜ良いのか、良い絵本の選び方、与え方、といったことに関しては
 自信が持てないという人が多いと思います。
 また、「うちの子は絵本に興味を示さなくて〜」というお悩みの方も
 少なからず、いらっしゃると思います。

そこで、文教大学あいのみ文庫主催のわくわく絵本教室〜幼児をもつ親のための講座〜(全3回)
の中から、絵本選びのヒントをお伝えしたいと思います。

あいのみ文庫とは

あいのみ文庫 あいのみ内1 あいのみ内2

 1982年より、越谷市内にある文教大学の図書館で、毎週木曜日の午後に開催される。
 主な活動は、本の貸し出し、おはなし会、おとなのための勉強会など。
 スタッフ5名と文教大学の学生ボランティア15名で運営しており、会員数(文庫登録数)は約200名。
 代表 塩谷智紗子さん。
 2006年には、子ども読書活動優秀団体として文部科学大臣表彰を受賞 。

わくわく絵本教室

わくわく絵本教室 全体

 今年度で、第8回目を迎えます。
 あいのみ文庫代表の塩谷智紗子さんによる講座。
 3回シリーズのその1(0歳〜2歳ごろ)は、5月29日に行われました。
 30名前後の参加者で、そのうち半数くらいがリピート受講。(かく言う私も3年連続の受講。)
 お子さんは別室での保育。 

生まれてから3ヶ月頃まで

塩谷さん1
普通は「赤ちゃん」というのは、0〜1歳までくらいを指します。
が、本に関する話しをする時には、概ね2歳くらいまでを「赤ちゃん」というくくりにします。
今日の第1回目は、この2歳くらいまでの話しです。
どの子が、どの時に、本に興味を示すかは、環境しだいと言えます。

赤ちゃんが生まれ、その子を抱っこした時の、重みや温かさや
目と目が合った時につい「可愛いね^^」と声をかけてしまうような気持ちとか
そういうものを、まずは大切にすること。
親バカで良い、親バカでなくてどうするんですか!
(という言葉に、初回受講した時の私は多いに勇気づけられました。)
くわっピ~ママ2

わらべうた、子守唄、マザーグース、童謡など、何でも良いので
自分の好きな歌をゆったりしたテンポで、赤ちゃんに歌いかけながら
スキンシップをしたり(触ったり、声かけしたり)目と目を合わせたりして
信頼関係を築くことから始めます。
そして、実際に「絵本」を読み始めるのは、3ヶ月頃から。

この時期にお薦めの本(保護者の方に。)
かみさまからのおくりもの  ☆かみさまからのおくりもの(ひぐちみちこ著、こぐま社)
 →どの子にもそれぞれの特性があるという話。
あかちゃんてね  ☆あかちゃんてね(星川ひろ子著、小学館)
 →カメラマンがある一家を密着取材し、赤ちゃんが生まれてから1年間の様子を連続的に紹介した本。
あなたがうまれたひ  ☆あなたがうまれたひ(デブラ・フレイジャー著、福音館書店)
 →赤ちゃんが生まれたことを、地球上のすべてのものが祝福しているという話。

3、4ヶ月頃〜

生まれたばかりの頃は、まず「耳」が、次に「目」も発達してきます。
そこで、遊びでもよくやる「いないいないばあ」の絵本がお薦め。

いないいないばあ 「いないいないばあ」には幾つもの種類の本が出ていますが、
何と言っても
 ☆松谷みよ子あかちゃんの本、瀬川康男・え、童心社)の本がお薦めです。

なぜ?
まず、動物が出て来て、「いないいない〜」でページをめくると
「ばあ」で、目と耳が一致する。
シンプルで、地味にも思える絵本だが、このシンプルさや優しい色合いが赤ちゃんには良い。

その他のお薦め
くっついた  ☆くっついた(三浦太郎著、こぐま社)
 →誰かと誰かがくっついた〜のくり返し、最後は家族みんなのほっぺがくっついた〜。通常は、初版から25年以上経った本をお薦めするが、この本は例外的(2005年出版)
ママだいすき  ☆ママだいすき(まどみちお著、こぐま社)


そして、「くり返しの言葉のもの」を赤ちゃんは好みます。

大人にとっては、内容がなく、つまらないように思えるものでも
赤ちゃんにとっては、耳で聞いている心地よさ(リズム)があり、
何十回、何百回とくり返しているうちに、だんだん覚えていくのです。

たとえば、

がたんごとん  ☆がたんごとんがたんごとん(安西水丸著、福音館書店)
 →「がたんごとん」と「のせてください」しか言葉がないが、
 だんだんと「がたんごとん」をママが読むと「のせてください」を言うようになる。
 次を期待して準備して言うということが出来るようになる。
ぴよぴよぴよ  ☆ぴよぴよぴよ(平野剛著、福音館書店)

子どもが今やっていることを見ながら、それに沿った本を探すと良い。

離乳食が始まった頃〜
食べ物に興味を示すようになる。

くだもの
おにぎり
 ☆くだもの
 ☆おにぎり(平山和子著、福音館書店)など
 →「さあどうぞ」のひびきが、とても優しい。
 挿絵がすばらしい。(食べ物の描写はもちろん、それを持つ人の洋服の季節感なども。)


リアルな動物の挿絵

ここよここよ  ☆ここよここよ(かんざわとしこ/やぶうちまさゆき・え、金の星社)
 →やぶうちまさゆきの挿絵は、どの絵本も、とてもリアルです。


生活やしつけのこと

だんだん月齢が上がっていくと、生活習慣やしつけのことも考えます。
絵本の中で、主人公と一緒に体験し、実際に習慣づけましょう。

いただきまあす  ☆いただきまあす(わたなべしげお著、福音館書店)など
 →わたなべしげおの「くまさんの絵本」シリーズは、お父さん(くま)が登場するなど、当時としては画期的。イクメンの時代の走りとも言えます。
良い絵本の条件として

作者が、子ども相手だからこの程度で良いだろうという妥協ではなく、
細かい所まできちんと描いているということが、1つ挙げられます。クワイエファミリー(頭)
それによって、実際には見たことのないことでも、
子どもは絵本の世界の中で体験することが出来るのです。
正しい物の見方、を出来るようになります。

絵本の読み方のポイント

塩谷さん3
絵本は親子のコミュニケーションを助ける道具でもあります。
特に「赤ちゃん」の頃にお薦めの本は、特段の話しの筋があるわけではありません。
子どもによっては、まだ読み終わらないうちにページをめくってしまったり
あっちこっちに飛んでしまったりもします。
が、それでも構いません。
そのページを使って「おしゃべり」の材料にすれば良いのです。

赤ちゃんを卒業したら(お話が出来るようになったら)
余分な話しはしないで、本に書かれた言葉の通りに読むようにします。
そうしないと、本(=ファンタジー)の世界に入っていけないからです。

また、対象年齢○歳〜○歳と書いてありますが、
その年齢になったら、もう読んではいけないということではありません。
子どもが読みたければ何歳になっても(大人になっても)読んで構いません。
絵本を読むことで、「楽しかったあの時」に戻りたいと、望んでいるのです。

図書館を利用しましょう。

塩谷さん2
絵本は意外と高価なものですね(汗)
たくさん持っていなければいけないというものではありません。
普段は図書館で借りて、その中で、本当に気に入ったものを2、3冊持って、
ぐるぐる回していくので構いません。(子どもはくり返しを好むので。)

でも、図書館で借りた本を、万が一破ってしまったりしたら・・・
子どもだから仕方のない範囲のこと(=事故)であれば、
下手に自分でセロテープで貼ったりせずに、そのまま、正直に謝りましょう。
公共の図書館で弁償しろと言われることはまずありませんから、安心してください。
ただし、ペンで書いてしまったり、投げて壊したり、はルール違反です。
マナーをきちんと教えましょう。

番外編

講座が終わって、子どもと合流しましてから、
大型絵本を読んだり、手遊びをして、楽しい数分間を過ごしました。
大型絵本 読み聞かせ2 保育士さん

次回、秋の講座 9/25(木)、10/9(木)は
いよいよ「絵本の黄金期」と呼ばれる2歳〜5,6歳です。
お楽しみに!

編集後記

私自身は、絵本を読んだ記憶がほとんどありません。親に聞いても読んでいなかったということでした。
そのせいかどうか、想像力にも創造力にも欠けています。
ですから、子どもにはたくさん絵本を読んであげたいと思い、胎教の頃から、読み聞かせをずっとしてきました。
今では「絵本大好き」な子になりました。
塩谷先生のお話は何度聞いても、感動的で涙があふれてきますし、とても勉強になります。
秋の講座も楽しみにしています。

(2014年6月 byクワイエメンバー アリス)

地図

文教大学あいのみ文庫

関連ワード