くわっピ~ファミリーの秘密

くわっピ~ファミリーの秘密

2014年5月22日

くわっピ~ファミリー

「こしがや子育てクワイエ」公開1周年を迎えました。
サイトを訪れると、まず目に入る、手をつなぎ風船を持ったキャラクター。
記事の随所にも登場しています。
このちょっと可愛らしい、不思議なキャラクターは何だ???
という疑問を抱いている方のために、お教えしましょう!

くわっピ~ファミリーの秘密

くわっピ~
くわっピ~

元気いっぱい、公園でどろんこになって遊ぶのが大好き。
そんなくわっピ~の将来の夢は、わんばく相撲越谷場所で優勝すること。
今からしっかり身体を鍛えている。
特技は、「クレ○ンし○ちゃん」の物まね。周囲の大人たちを笑わせているが、
ママとしては色々な意味でやめさせたい(苦笑)。
また、水の中に潜るのも得意。毎晩、パパとお風呂で記録更新中!

くわっピ~2

パパが大好き、パパのやることは何でも真似したい。
なので、パパが参加している阿波踊りの『連』に最近、一緒に行っている。
今年の夏の南越谷阿波踊りにデビューする予定で、張り切って練習している。。
くわっピ~は、もちろん子供踊りだが、密かに鳴りものに憧れている。
「くわっピ~」という名前には、越谷名産「くわい」のように「芽が出る」ようにとの願いが込められている。
好きなおやつは「くわい饅頭」。


くわっピ~パパ
くわっピ~パパ(本名は、くわ蔵)

生まれも育ちもこしがや。
くわっピ~と遊ぶ時間を楽しみに、今日も仕事に励む。
パパが子どもの頃に、南越谷阿波踊りが始まった。
♪同じアホなら踊らにゃ損損〜♪と踊り続けて30年!
今では連(阿波踊りのグループ)でも中心的な存在となり、鳴りものを担当。
最近では、くわっピ~も興味を持ってくれていることが何より嬉しい。

くわっピ~パパ2

くわいチップスをつまみに、「慈姑楽我」(くわいらがあ)を晩酌するのが楽しみだが、
最近、少し運動不足で太り気味なので、ダイエットのために、早朝ジョギングを始めた。
目標は、元旦マラソン。


くわっピ~ママ
くわっピ~ママ(本名は、くわ美)

こしがや歴は5年。
くわっピ~と一緒に、色々な所に顔を出すうちに、地域への愛着が増してきた。
こう見えて、実はDIY好き。くわっピ~用の小さな椅子やテーブルもママの手作り。
もともと、物づくりが好きなこともあって、お料理にももちろん興味がある。
最近は、「地元の美味しい食材を食べたい!」と、
越谷名産のイチゴを使って、ジャムやお菓子を作ったり、
貴重な山東菜(さんとうさい)漬を作っている。

くわっピ~ママ2

家族でたくさんの時間を過ごしたいという気持ちもあり、パパに誘われ、阿波踊りに参加してみた。
最初は少し恥ずかしかったが、今ではすっかりハマっている。


エミューさん
エミューさん

オーストラリアからやってきた。
身体は大きいけれど、気は優しい。
積極的に育児に参加するイクメンの鏡。
くわっピ~パパの良きお手本であり、相談相手でもある。
自分もいつか「ガーヤちゃん」のように愛されるゆるキャラになることを夢見ている。


カモさん
カモさん

くわっピ~ファミリーを温かく見守るお隣のおばさん。
若い頃、宮内庁鴨場で働いていたというのが自慢。
それだけに、挨拶や躾には厳しいので、近所の子どもたちにはちょっぴり恐れられいてるが、
くわっピ~ママをはじめとして若いママたちが頼りにしている。
実は、くわっピ~ママに山東菜漬を教えたのも、カモさんである。